第26回比婆山国際スカイラン 準備編

参加してきました。

土曜日はコース整備などのスタッフとして山岳会の皆さんと参加

本日のお宿

1基辺り3,600円

山岳会では4基借りました。

他のテントも他のスタッフ集団が借りている所が多かったですね。

テントの直ぐ側に川が流れているので夜中は結構うるさかった(^^ゞ

一度スタッフ全員で説明を受けた後にそれぞれの持ち場に別れて行動開始

画像を見れば判るように雨(´・ω・`)

天気予報では回復するはずだったのですが、比婆山が近づいた辺りから降り出して、着いた頃にはそれなりの雨量が有りました。

まずはコース上の石やら枝などを片付けながら持ち場に向かって移動

雨が降ったら降ったでそれなりに景色も何時もと変わって良い物なのです。

そう、これがレース前の整備でなければ。。。

今回の私の担当は出雲峠でのロング・ショートの分岐&給水&救護所の設置

コース上はここ最近の雨でかなり状態が悪い部分があります。

明日はこれに突入しないと行けないんですよね(´・ω・`)

去年、選手として走った時には何となく確認していた看板なども、選手の事を色々と考えて設置して有るのだと改めて準備の大切さを感じました。

銀竜草

これも選手として走っている時には絶対に気が付きませんね。

今日は雨も降っていたのでしっとりと湿っていて良い感じです。

コース整備が終わると懇親会の時間までは自由時間

テントの側で休んでいたらカラスがコンビニ袋のような物を持って飛んできて、近くに落とした。

中身を確認するとゴミの他におむすびが一つ

どうやらメインの目的はこのおむすびのようです。

試しにおむすびだけを取り出して置いてみたら速攻で奪いに来ました。

かろうじてその瞬間を激写!!

その内に懇親会の時間が来て、お食事タイム。

おでんとかは一昨年参加した時と同じ物ですが、以前はバイキング形式だった天麩羅などが今回は各テーブルごとに別けて準備されていました。

一々立って取りに行かなくて良いのはGood

その他にもデザートやら色々有りましたが、痛恨の撮影忘れ(ノД`)

食事をしながら各会や招待選手の挨拶などが有り、楽しく過ごせました。

懇親会がお開きになった後は、テント横で二次会が何時もの恒例行事なのですが、今年は寒い!!

ここまで冷えるとは思っていなかったので持ってきている服だけでは外にいると寒いので私は速攻でテント内で寝袋に引きこもり。

その寝袋もスリーシーズンでも薄手の方なので寝袋に入っていても足元が冷えすぎ。

暫くは芋虫状態でスマホを眺めていたのですが、睡魔が襲ってきたので素直に寝ました(つ∀-)

流石に寝るのが早かった&昨日は珍しくビールを飲んだので夜中にトイレに行きたくなり目が覚めて、テントを出たらやはり寒い((((;゚Д゚))))

しかし空を見ると満点の星空が!!

見えたはずなのですが、メガネをかけて出なかったので見えませんでした(^^ゞ

その後はまどろみと目覚めを繰り返しつつ、気がつけば5時30分位で他の人も起き始めたので私も起床

私ともう一人は選手なので当分暇ですが、他の人達はスタッフなので早くから行動する必要が有ります。

当日はまた別記事に書きます。